ココロを解放するとカラダも動く

先日、生徒さんからこんな相談がありました。

 

「やらなきゃいけないけど、カラダが動かないんです。」

 

あるあるですよね。

 

どうしてカラダが動かなくなると思いますか?

 

 

それは、

「やらなきゃいけない」

からです。

 

えっ??

頭にはてなマーク並んでしまったかもしれません。

 

「でも、やらなきゃいけないなら、やらなきゃだめですよね?」

 

確かにそうなのですが

カラダとココロは

頭で思う「正解」とは違う反応をします。

 

やらなきゃいけないと思えば思うほど

カラダは硬くなります。

 

○○しなければ

と思えば思うほど

 

頭に血がのぼり

カラダが冷えて

ココロも冷えて

 

筋肉が硬直し、動けなくなるのです。

 

では、どのようにすれば良いでしょうか。

それは、

「やらなきゃいけない」

「やりたい」

に変換するのです。

 

やりたいと思うことって

どんなことでしょう?

 

楽しいこと

心地よいと思うこと

ですよね。

 

そういうことなら何も考えずに

カラダが自然と動きますね。

 

ココロを動かすことでカラダも動きます。

 

「やらなきゃいけない」

「やりたい」に変換しましょう。

 

気づかないうちに自分で自分を縛りつけてしまってはいませんか?

 

頭で考えず

ココロが動く

楽しい気持ちになることをやってみましょう。

 

ココロを解放しましょう。

 

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。